龍谷大学ホームページ

情報実習室の使い方 ~PCの準備~

実習室を利用する際の、準備手順(全実習室共通)を記載します。

実習室のPC紹介

【教員側】

教員PC


①教員PC
教員用の作業用PCです。

②参照モニタ
配信先の映像が出力される参照用モニタです。
同時に、授業支援PCのモニタでもあります。

③授業支援PC
主に授業支援システムの操作を行うためのPCです。

④授業支援システム操作ユニット
学習者のPCモニタやスクリーンへ映像や音声、ファイルなどを配信したり、
モニタリングする機能を授業支援システムと呼びます。
操作ユニットは、上記システムを制御・操作するユニットです。


【学生側】

学生用PC


①学生PC
学生の作業用PCです。

②センターモニタ
授業支援システムから配信される映像を、出力するモニタです。


電源投入からログオンまで

①教員PCの電源をつけます。
②授業支援PCの電源をつけます。
※授業支援PCの電源をつけると、参照モニタにログオン画面が表示されます。

手順1,2



電源をつけると、「ログオンするには、Ctrl+Alt+Delを押してください。」とディスプレイに表示されます。
③教員PCのキーボードで「Ctrl」+「Alt」+「Del」を押します。
④授業支援PCのキーボードで「Ctrl」+「Alt」+「Del」を押します。
⑤教員PC、授業支援PCにユーザー名・パスワードの入力画面が表示されるので、全学統合認証のIDとパスワードを入力します。
※全学統合認証のIDは、教員番号の先頭に小文字の「a」を付けた番号です。
例)a50001

手順4,5



⑥両端末にログイン後、授業支援システム操作ユニットの電源ボタンを押します。
※電源ランプが点灯しているか確認してください。
⑦「プロジェクタ出力」、「中間モニタ出力」が「停止」になっていることを確認します。
※「停止」以外のボタンが選択されている場合は、「停止」ボタンを押します。
※操作ユニットのボタン操作は、実習室一覧( 深草 大宮 瀬田 )の各教室の 「教卓操作パネル」ボタンをクリックしてください。

手順6,7


以上で実習室の準備は完了です。