TOP  > 自習室を利用される方へ  > 利用の心得
利用の心得
利用の心得

瀬田学舎には情報処理教育設備として教室案内に記載されている通り Windows、Linuxと複数のOS環境を有しており、 コンピュータ実習授業および自習に利用できるようになっています。 これらの施設を自分自身を含め皆がスムーズに利用できるよう、次のルールを守るだけでなく、お互いに迷惑にならないように常に心がけてください。

傘袋利用のお願い

雨の日は濡れた傘を実習室へ持ち込まないでください。 実習室へ傘を持ち込む場合は教室入り口に置いてある傘袋をご利用ください。 また、使用済の傘袋は専用のごみ袋に捨ててください。
*傘を直接持ち込むと、機器が水に濡れ故障の原因となります。

機器の取り扱い

機器は、大切に利用してください。 なお、自分で解決できない機器のトラブル等があった場合は、近くにいるLA(Learning Assistant)にお知らせください。

IDについて

利用者に与えられるID(ユーザ名、ログオン名)は、 個人に与えられたもので、他人への貸し借りは厳禁です。

プリンタの利用について

プリンタは自習時間に利用できますが、むやみに出力せず常識の範囲内で利用してください。 また、年間の印刷可能ポイントは1600ポイントで片面・両面関係なく白黒印刷が4ポイント、カラー印刷が40ポイントになります。

ソフトウェアについて

アプリケーションソフトなどをコピーし、学外に持ち出すことや、実習室内のパソコンに勝手にインストールすることは厳禁です。

実習室内での決まり

コンピュータの故障防止のため、実習室内での飲食は禁じます。

その他

本施設を利用するものは、定めた規定およびそれに基づく運用上の基準、利用要項などに遵守するとともに、 担当教員、および情報メディアセンタースタッフの指示に従わなければなりません。