TOP > News
お知らせ
News
2017/9/20 証明書発行機の運用時間の変更について

利用者各位
表題の件につきまして、授業実施日である9月23日(土)の
証明書自動発行機の運用時間を授業実施期間の土曜日と同様の
時間帯に修正いたしました。

当初お知らせしておりました運用時間から、短縮・休止となる
発行機がありますので、詳細は「参照情報」をご確認ください。

急なお知らせとなりましたこと、お詫びいたします。

[1]証明書発行機運用時間.pdf

2017/7/26 【注意喚起】日本郵便を装った不審メールにご注意ください

日本郵政のサービス等を装った不審なメールが送られています。
ウイルスを含む可能性もありますので、削除いただくとともに、くれぐれもご注意ください。
また、不審メールに関する情報も添えますので、あわせてご注意ください。
※日本郵政のホームページでも注意喚起されていますのでご参照ください。
http://www.post.japanpost.jp/notification/notice/2017/0622_01.html

<不審メールの特徴>
・添付ファイルを印字し、最寄りの郵便局への問合せを求める内容とするメール
・ファイル(DOC形式)が添付されているメール
・日本郵更との表記があるメール
・ゆうパック、郵便物、レターパックなどの配達を装ったメール
・Web集荷サービスを装ったメール
・ファイル(ZIP形式、PDF形式、DOC形式等)が添付されている場合があります。

<メールの例>
From: 日本郵便追跡サービス
件名: 日本郵便追跡サービス 06695954788097

拝啓
配達員が注文番号( 445799578 )の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、
つながりませんでした。

従ってご注文の品はターミナルに返送されました。

ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。

このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便局
日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。

    敬具

EMS(国際スピード郵便) ? 郵便局 ? 日本郵政

覚えのない要求には応じないよう、メール本文にリンクがある場合にはアクセスせずに
削除または迷惑メールとして破棄してください。
見覚えのあるメールアドレスからの要求であっても安易に対応せず、日本郵政へ確認する等対処してください。

2017/5/30 Office365の利用について

2015 年4 月から学生(学部生、大学院生、留学生別科生)・教員(専任教員、特別任用教員)を対象に
Office365のサービスを開始しました。
2017年5月からは、新たに非常勤講師も利用対象者となりましたのでお知らせします。

本サービスでは、レポートや論文作成にかかせないMicrosoft Office アプリケーションを
常に最新のバージョンで利用することができます。
また、1人あたり5台のPC/Mac、5台のタブレット、5台のスマートフォンの最大計15台まで、
個人所有のデバイスにインストールして利用することができます。

[1]Office365の利用について.pdf

2017/5/17 【2017年度新入生】全学統合認証ID・パスワードの利用停止について

利用者の皆様へ

2017年度新入生のうち、情報リテラシー理解度調査に未回答もしくは 「A情報倫理」の項目が理解度確認ライン(80%)に到達せず、補講も受講しなかった方は、 現在、全学統合認証ID・パスワードが利用できない状態になっています。

対象の方は、至急各キャンパス情報メディアセンターにお越しください。 なおその際、必ず学生証を持参してください。

※詳細は、インターネットマナー講習会テキストpp.68-69をご参照ください。

2017/5/15 サイバー攻撃・ランサムウェアに関する注意喚起について

各 位

2017年5月12日頃から、世界各国でランサムウェアに感染する被害が確認されています。
ランサムウェアに感染すると、PCのファイルが暗号化され、
PCを使用できなくなる被害が発生する可能性があります。

ランサムウェアは、感染したPCのファイルを暗号化し、解除のために金銭を要求するマルウェアです。
今回IPAで観測されたランサムウェアは、「Wanna Cryptor」と呼ばれるマルウェア
(WannaCrypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry等)の亜種であると考えられています。

IPAが推奨する対策は、下記の3点です。
・不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない
・脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用
・ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

感染経路は、メール添付ファイルの開封やメール本文に書かれたURLからのアクセスであると考えられます。
つきましては、添付ファイルの閲覧やURLを伴うメールは、以下の点に注意をお願いします。

---------------------------------------------------
■不審なファイルを添付したメールを受信したとき
・件名や内容が不自然なメールは開封しない。
・身に覚えのない不審なメールは削除する。
・不審なメールは転送しない。

■不審なメールを開いたとき
・添付ファイルは絶対に開封しない。
・メールの本文に書かれたURLをクリックしない。

<参考情報>
「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されている
 Microsoft製品の脆弱性対策について」(IPA)
 ※下段、参照情報をクリックしてください。
---------------------------------------------------
不審なメールの添付ファイルを開いたり、メール本文に記載されたリンクをクリックした場合は、
すぐに情報メディアセンター事務部へご連絡いただきますようお願いします。

【問い合わせ先】
情報メディアセンター事務部 075-645-7851

参照情報
IPA 情報処理推進機構 世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について

2017/4/10 ポータルサイトの利用に係る推奨ブラウザおよびスマートフォンの利用について

学生の皆さんへ

ポータルサイトの利用は、以下の推奨ブラウザをご利用ください。
スマートフォンでの利用はサポートしておりませんのでご注意ください。

推奨ブラウザ

Microsoft® Windows®
・Internet Explorer Ver.11
・Firefox Ver.41

AppleRMacintoshR
・Safariver.9

2017/2/21 【注意喚起】WordPressのセキュリティ対策の実施について

WordPressを管理・運用されている方へ

「WordPress」の脆弱性を狙ったと思われるWebコンテンツの改ざん事件が多発しています。
脆弱性が悪用された場合は、遠隔の第三者によって、Webコンテンツを改ざんされる可能性があります。
これらの攻撃は、WordPress 4.7.0と4.7.1に存在する脆弱性を突いて行われた可能性が高いと想定されます。
つきましては、以下の点を確認の上、対象バージョンであれば、大至急、対策済の最新バージョン(2017年1月26日現在)へバージョンアップしてください。
万が一、本学Webコンテンツの改ざんを発見された場合は、情報メディアセンターまでご連絡ください。

【脆弱性の概要】
 WordPress 4.7.0及び4.7.1におけるコンテンツインジェクション脆弱性
  ○対象バージョン: WordPress4.7.0及び4.7.1
  ○影     響: 認証を回避してコンテンツの書き換えが可能
  ○攻 撃 難 易 度 : 非常に容易(攻撃されやすい)

【実施すべき対応】
  ○対  応  策: WordPressをバージョンアップすること(4.7.2で修正)

なお、対象バージョンのWordPressのみならず、旧バージョンのWordPressを使用している場合も、旧知の他脆弱性を突かれ攻撃される可能性が想定されることから、速やかに最新版にバージョンアップしてください。

<参考>
  IPA 情報処理推進機構 WordPress の脆弱性対策について  

2017/1/12 ソフトウェアの不正インストール及び不正利用について

千葉県内の大学の学生42人が、ソフトウェアを不正利用していたことが判明しました。

米アドビシステムズ社の画像編集ソフト「Illustrator」の無料体験版を学生個人所有のパソコンにインストールし、不正プログラムを使って、設定されている試用期間を延長して利用していました。
当然のことながら、この行為は著作権法違反になります。

ソフトウェアの不正インストールや不正利用は、刑事・民事上の責任を問われかねない、重大な違反行為です。
決して、そのような行為を行うことのないよう、十分に注意してください。

※本学では、今回問題となったソフトウェア(アドビシステムズ社「Illustrator」および「Photoshop」「Acrobat」「Premiere」等)は、情報実習室、セルフラーニング室、貸出ノートPCにインストールされており、学生のみなさんは自由に利用することができます。

2016/12/08 Qドライブの保存容量超過について

教育系情報システムの個人用ファイル領域(Qドライブ)の保存容量を超過して利用している方は、
12月1日(木) 以降、アプリケーションの利用やデータの保存・読み込み等ができなくなります。
速やかに不要データの削除や、Googleドライブ(Gドライブ)へ移行する等、対応をお願いいたします。

1.Qドライブの保存容量
 500MBまで

2.制限開始日
 12月1日(木)~

3.対応方法
  添付ファイル参照

4.問い合わせ先
  各キャンパス情報メディアセンター
                                     以 上

[1] Qドライブの容量チェック手順.pdf

2016/12/07 Gmailのデータをメールソフトへ移行する方法について

利用者の皆様

Gmailのデータをメールソフトへ移行する方法について、
添付のとおりお知らせいたします。

卒業・修了後は、大学のGmailアカウントが利用できなくなりますので
必要がありましたら適宜ご対応ください。

※詳細は添付ファイルをご確認ください。

[1] Gmailのデータをメールソフトへ移行する方法.pdf

2016/02/17 学生・教員を対象としたメディア機器貸出予約サービスについて

利用者の皆様へ

表題の件につきまして、すでにサービスを開始しております。
メディア機器の貸出につきまして、今般、Webからの予約システムの利用を開始いたします。

※詳細は、添付ファイルをご確認ください。

[1]学生・教員を対象としたメディア機器貸出予約サービスについて.pdf
[2]貸出予約システムの利用方法.pdf

2015/10/28 Googleドライブマウントツールの利用について

Googleドライブマウントツールは、龍谷大学教育系情報システムの端末に、クラウドサービスであるGoogleオンラインストレージ(Googleドライブ)を 各自のネットワークドライブとして、利用可能とするツールです。 初回利用時のみ、別紙の手順書に従い各自設定する必要がありますが、一度設定すれば、教育系情報システムの端末を利用する際は、 Googleドライブが個人ドライブ(Qドライブ)のように利用可能となるため、データ保存場所として活用いただけます。

※詳細は、添付ファイルをご確認ください。

[1]Googleドライブマウントツールの利用について.pdf
[2]Googleドライブマウントツールの利用方法.pdf

2015/10/02 スチューデントコモンズにおけるプリントスポットの利用について

利用者の皆様へ

今年度から、和顔館及び(瀬田)智光館スチューデントコモンズにおいて、学生へのメディア機器貸出サービス等の新たなサービスを開始し、 印刷できる環境としてプリントスポットを設置しています。プリントスポットにおける、貸出モバイル機器からの印刷を含めた プリンターの利用と併せ、大判プリンターのサービスを開始しています。

※詳細は、添付ファイルをご確認ください。

[1]プリントスポットの利用について.pdf

2015/05/15 manaba courseの利用について

教育系情報システムのリプレイスにより、2015 年4 月から学生・教員を対象に、manaba course の運用を開始しました。
授業内で利用いただけるツールを含め、インターネット環境を利用することで、学内外から授業の予習・復習に活用いただけます。
また、学生は、提出したレポートや小テスト等がポートフォリオとして蓄積されていくことで自身の学習成果を実感し、 振り返り学習への活用が期待できます。

※詳細は、添付ファイルをご確認ください。

[1]manaba courseの利用について.pdf

2015/05/14 eduroamの利用について

2015年4月から学生・教職員およびeduroam参加機関所属の学外者を対象に、eduroamを用いた無線LANサービスの運用を開始しました。
eduroam(educational roaming infrastructure)を利用することで、本学構成員がeduroamに参加している他機関を訪問した際に、 本学が発行している全学統合認証IDを用いて無線LANサービスを利用することができます。
また、eduroam参加機関の学外者が本学を訪れた際も、所属機関のIDを用いて本学の無線LANサービスを利用することができます。

※詳細は添付ファイルをご確認ください。

[1]eduroamの利用について.pdf

2015/04/15 無線LAN(Ryu-Wireless)利用時の設定方法について

利用者各位

標記の件に関しまして、設定方法を「無線LAN接続サービス」のwebサイトにて掲載しています。
設定がお済みでない方は、参照のうえ設定ください。

■無線LAN(Ryu-Wireless)設定マニュアルの公開場所について
1.ポータルサイト「情報メディアセンター」ポートレットの「無線LAN」リンクをクリック
2.無線LAN接続サービスwebサイトの「利用方法」リンクをクリック
3.お使いのOSに応じたマニュアルリンクをクリック

※詳細は添付ファイルをご確認ください。

[1]無線LAN設定マニュアルの公開場所について.pdf